ジャスパー・ジョーンズ: Eyes in the Persistence of Form

ジャスパー・ジョーンズと日本 1930年、ジョージア州オーガスタに生まれたジャスパー・ジョーンズは、サウスカロライナ州で育つ。47年から、同州コロンビアのサウスカロライナ大学で3学期間美術を学んだ後、1948年終わり頃ににニューヨークに移る。当時急成長を見せていた街のアートシーンへのジョーンズの関わりは、兵役により中断された。 1952年〜53年に、ジョーンズは駐軍兵として初めて日本を訪れ、朝鮮戦争の最中仙台に駐屯していた。その後、1954年にニューヨークに戻ったジョーンズは、アーティスト仲間であった、ロバート・ラウシェンバーグ、ジョン・ケージ、マース・カニングハム等と親交を深めて、すぐさまアートの世界に溶け込んでいった。1964年以降頻繁に来日するようになったジャスパーは60、70年代東京の南画廊で多くの展覧会を開催。1979年には日本文化と歌舞伎演目にインスピレーションを受け、絵画、ドローイング、版画からなる「ウスユキ」シリーズに着手。 このシリーズからの作品は2019年ファーガス・マカフリー 東京での「Jasper Johns: Usuyuki」展にて展示された。「ジャスパ・ジョーンズ 回顧展」(1977-8年ホイットニー美術館、1978年東京・西武美術館)、「ジャスパー・ジョーンズ 版画1960-1986」展(1986年ニューヨーク近代美術館、1988年日本3会場巡回)、「ジャスパー・ジョーンズ 版画」展(1990年東京・伊勢丹美術館)、「ジャスパー・ジョーンズ 回顧展」(1996-7年ニューヨーク近代美術館、1997年東京都現代美術館)など回顧展が日本国内で開催。 カタログ ジャスパー・ジョーンズ: Usuyuki (2019)ロバータ・バーンスタイン編集2ヵ国語: 英語, 日本語Fergus McCaffrey出版 お問い合わせはこちら

read more

Jasper Johns: Eyes in the Persistence of Form

About the Artist Note: a brief biography on the artist, contextualized with his life-long relationship to and appreciation of Japanese culture. Jasper Johns was born in 1930 in Augusta, Georgia, and grew up in South Carolina. After three semesters studying art at the University of South Carolina at Columbia, he…

read more

リタ・アッカーマン & アンドロ・ウェクア

展覧会について  ファーガス・マカフリー東京はリタ・アッカーマン、アンドロ・ウェクアによる二人展を開催します。長年にわたる同志、時にはコラボレーター、そしてそれぞれが確立した強いパーソナリティーを持つ作家が集い、2人の間で20年以上にわたって続けられるインスピレーションとクリエティビティーの対話を明らかにします。   2人はソヴィエト理想主義の崩壊、体制下における抑圧、祖国からの亡命、移民としての経験を共有しています。リタ・アッカーマンとアンドロ・ウェクアはともに1990年代に東側諸国を去り、異国での創作活動を始めます。アッカーマンの作品にはハンガリーでの時間を連想させる要素はあまり見られず1980年代から今に至るまでのアメリカでの体験が色濃く見られます。それに対してウェクアの作品からは、現実か想像かがはっきりしない謎めいた過去への憧憬が感じられます。  ゲオルク・バゼリッツやジグマー・ポルケと並び、民話やおとぎ話からの引用、ハイ・ローカルチャーの混在、統率のとれたリアリズムと触覚的で魅惑的なアメリカのジェシュチュラルな抽象表現の間を突き進む道を切り開いた「東部」アーティスト勢に、アッカーマンとウェクアは数えられます。また同じくヨーロッパから亡命し、具象表現、風景画、純粋な抽象表現の中に物質的、精神的な効果を生み出したウィレム・デ・クーニング、マーク・ロスコとの関連性は言うまでもありません。  2002年、共通の友人であったジャンニ・ジェッツァーの紹介を通して、とても似たマインドを持つ2人は出会い、それはすぐにコラージュやドローイングをFAXで送り合うやりとり、ジン「Chpater1」の自費出版、その後「Chapter2」「Chapter3」のNieves(スイス)からの出版へと発展していきます。写真、音楽、詩、日常会話に触発される二人は、電話、留守番電話、携帯のメッセージ、Eメール、画像の交換など様々な方法を通して離れた相手へのコミニケーションを行います。それはまるで物理的な距離がより、二人が似通ったイメージや出来事に心を惹かれるということを強調しているかのようです。本展で展示される作品は2008年から今年に制作された絵画とコラージュ作品ですが、アッカーマンとウェクアは初めて出会うそのずっと前から共通した理解、解釈を持っていたのです。作家たちの間で21世紀に交わされたやりとりが東京で形となるのを、本人たちが直接見ることは叶いませんが、本展をご覧いただくみなさまには二人の作品群が強く共鳴することを体感いただけるでしょう。  本展に合わせ、アッカーマンとウェクアの共作アートブック「Chapter4」が出版となります。(日英バイリンガル、Fergus McCaffrey / Case Publishing共同出版)また青山のSKWAT/twelvebooksにて両作家の貴重な絶版書籍を含めたカタログ展示を予定しています(詳細後日発表)。 

read more

Rita Ackermann & Andro Wekua: Chapter 4

About the Exhibition Fergus McCaffrey Tokyo is delighted to present Rita Ackermann & Andro Wekua: Chapter 4, a unique exhibition bringing together two artists who are long-time allies, some-time collaborators, and singular personalities for a dual-person show that traces inspiration and creative exchange through some twenty years. Grounded in a…

read more

Barbarian Days

ABOUT THE EXHIBITION “In a huge, empty room, a fat dirty, greasy man was slapping white paint on a blank canvas with a kitchen knife. From time to time he would press his face against the window and look out at the storm. The sea came so close that it…

read more

Tatsuo Ikeda

ABOUT THE ARTIST Tatsuo Ikeda was born in Saga Prefecture, Japan, in 1928. At the age of fifteen, in 1943, he was conscripted into the Imperial Japanese Navy Air Service; in the last weeks of World War II, he was selected as a kamikaze pilot, but he was not sent…

read more

池田龍雄

作家について 1928年佐賀県生。第二次世界大戦下、15歳で神風特攻隊員になるという激動の少年期を過ごしました。出撃命令前に終戦を迎え、1948年東京に移住しました。多摩造形芸術専門学校(現多摩美術大学)に入学、岡本太郎、羽田清輝らによるアヴァンギャルド芸術研究会に参加しました。 池田は、軍国主義者から日本文化を取り戻そうと奮起した1950年代初期に台頭した作家たちの1人で、彼らは20年間に及ぶナショナリズム的洗脳から個としての自身を訴え、また新しい表現方法を求めました。具体美術協会や実験工房が形式的、概念的な美学へのアプローチをとり、非政治的なスタンスをとる一方で、池田、河原温、中村宏等の作家たちは断固として、社会・政治・経済に向き合う態度を示しました。 池田は、1953年、米軍が海岸を砲撃場にしていた内灘の海辺の村で抗議活動を行ったことをきっかけに、初めて成熟した作品を制作しました。最も安価なインクと紙を使って、ルポルタージュと風刺を融合させた表現力豊かな写実主義的なドローイングを描きました。同時に在日米軍基地を中心に活動し、米軍人と現地の人々の居心地の悪い共存と、そこから生まれた関係性、依存関係、妥協点を探りました。当時の池田は、朝鮮戦争出兵前の、米軍人のために、彼ら自身や、彼らの妻や恋人の肖像画を描く「絹こすり」を描くことで生計を立てていたことへの矛盾を感じていました。 1954年、アメリカの太平洋での熱核実験(水爆)への怒りが、池田の人間と動物に関する表現に変化をもたらします。 この変化は、日本の急速な再工業化の有毒性を反映したものでもあります。ケミカルパイプと人間の腸が融合した不毛のポスト原発地帯を舞台にした池田の作品は、犬や鳥の姿をした人間の姿をした人間の姿をした人間の姿をした人間の姿をした人間の姿をした人間の姿をした人間の姿をしています。このような精神で、池田は1955年から1960年にかけて、《化物の系譜》《禽獣記》《百仮面》などの大作シリーズに取り組みました。 1960年の日米安保条約に対する抗議行動が失敗したことで、池田の作品に変化が生まれました。 《楕円空間》シリーズ(1963-64年)では、身体の構造や人間の意識を分子レベルで探求し、社会的な関心は一時的に薄れていきます。続く《玩具世界》シリーズ(1966-70年)では、池田が生前まで取り組んでいた社会問題と、ハンス・ベルメールのようなシュールレアリスム、日本のポップ・カルチャーやサイケデリアを融合させた独創的な作品を発表しています。 数年間の探究の後、池田は、作家自身が残りの人生において創造的な焦点になると考えてた《BRAHMAN》シリーズの制作を1973年から開始しました。 ヒンドゥー教の哲学に目を向け、何百枚ものチョークとインクのドローイングで、宇宙の多様性の根底にある形而上学的な結びつきを探りました。 BRAHMAN(ブラフマン)の中で、池田は社会的な原因からの解放を見出し、無限の空間の中でジェンダーレスな胎児形態によって占められた永遠の真理と至福の状態を受け入れます。 1988年に完成した《BRAHMAN》は、その後、アサンブラージュ・ペインティングや彫刻の《場の相》シリーズを中心に制作しています。ビジュアル・アーティスト以外にも、池田は作家としても高い評価を得ました。彼の作品は国際的に展示されています。ここ数十年では、練馬区立美術館での「池田龍雄展-楕円幻想」(2018年)、ニューヨーク近代美術館(MoMA)での「TOKYO 1955-1970:新しい前衛」展(2012-13年)、山梨県立美術館での「池田龍雄:アヴァンギャルドの軌跡」(2010-11年)、また練馬区立美術館での「池田龍雄・中村宏」展(1997年)、練馬区立美術館(1997年)などの展覧会があげられます。また、日米安保条約、戦争、そしてアートの関係を検証した、リンダ・ホーグランド監督のドキュメンタリー映画「ANPO」(2010年)にも出演されました。 2020年11月池田龍雄は東京にてご逝去されました。   ギャラリー   過去の展覧会 FOR INFORMATION OR INQUIRES, CONTACT: INFO@FERGUSMCCAFFREY.COM.

read more