Tatsuo Ikeda

ABOUT THE ARTIST Tatsuo Ikeda was born in Saga Prefecture, Japan, in 1928. At the age of fifteen, in 1943, he was conscripted into the Imperial Japanese Navy Air Service; in the last weeks of World War II, he was selected as a kamikaze pilot, but he was not sent…

read more

池田龍雄

作家について 1928年佐賀県生。第二次世界大戦下、15歳で神風特攻隊員になるという激動の少年期を過ごしました。出撃命令前に終戦を迎え、1948年東京に移住しました。多摩造形芸術専門学校(現多摩美術大学)に入学、岡本太郎、羽田清輝らによるアヴァンギャルド芸術研究会に参加しました。 池田は、軍国主義者から日本文化を取り戻そうと奮起した1950年代初期に台頭した作家たちの1人で、彼らは20年間に及ぶナショナリズム的洗脳から個としての自身を訴え、また新しい表現方法を求めました。具体美術協会や実験工房が形式的、概念的な美学へのアプローチをとり、非政治的なスタンスをとる一方で、池田、河原温、中村宏等の作家たちは断固として、社会・政治・経済に向き合う態度を示しました。 池田は、1953年、米軍が海岸を砲撃場にしていた内灘の海辺の村で抗議活動を行ったことをきっかけに、初めて成熟した作品を制作しました。最も安価なインクと紙を使って、ルポルタージュと風刺を融合させた表現力豊かな写実主義的なドローイングを描きました。同時に在日米軍基地を中心に活動し、米軍人と現地の人々の居心地の悪い共存と、そこから生まれた関係性、依存関係、妥協点を探りました。当時の池田は、朝鮮戦争出兵前の、米軍人のために、彼ら自身や、彼らの妻や恋人の肖像画を描く「絹こすり」を描くことで生計を立てていたことへの矛盾を感じていました。 1954年、アメリカの太平洋での熱核実験(水爆)への怒りが、池田の人間と動物に関する表現に変化をもたらします。 この変化は、日本の急速な再工業化の有毒性を反映したものでもあります。ケミカルパイプと人間の腸が融合した不毛のポスト原発地帯を舞台にした池田の作品は、犬や鳥の姿をした人間の姿をした人間の姿をした人間の姿をした人間の姿をした人間の姿をした人間の姿をした人間の姿をしています。このような精神で、池田は1955年から1960年にかけて、《化物の系譜》《禽獣記》《百仮面》などの大作シリーズに取り組みました。 1960年の日米安保条約に対する抗議行動が失敗したことで、池田の作品に変化が生まれました。 《楕円空間》シリーズ(1963-64年)では、身体の構造や人間の意識を分子レベルで探求し、社会的な関心は一時的に薄れていきます。続く《玩具世界》シリーズ(1966-70年)では、池田が生前まで取り組んでいた社会問題と、ハンス・ベルメールのようなシュールレアリスム、日本のポップ・カルチャーやサイケデリアを融合させた独創的な作品を発表しています。 数年間の探究の後、池田は、作家自身が残りの人生において創造的な焦点になると考えてた《BRAHMAN》シリーズの制作を1973年から開始しました。 ヒンドゥー教の哲学に目を向け、何百枚ものチョークとインクのドローイングで、宇宙の多様性の根底にある形而上学的な結びつきを探りました。 BRAHMAN(ブラフマン)の中で、池田は社会的な原因からの解放を見出し、無限の空間の中でジェンダーレスな胎児形態によって占められた永遠の真理と至福の状態を受け入れます。 1988年に完成した《BRAHMAN》は、その後、アサンブラージュ・ペインティングや彫刻の《場の相》シリーズを中心に制作しています。ビジュアル・アーティスト以外にも、池田は作家としても高い評価を得ました。彼の作品は国際的に展示されています。ここ数十年では、練馬区立美術館での「池田龍雄展-楕円幻想」(2018年)、ニューヨーク近代美術館(MoMA)での「TOKYO 1955-1970:新しい前衛」展(2012-13年)、山梨県立美術館での「池田龍雄:アヴァンギャルドの軌跡」(2010-11年)、また練馬区立美術館での「池田龍雄・中村宏」展(1997年)、練馬区立美術館(1997年)などの展覧会があげられます。また、日米安保条約、戦争、そしてアートの関係を検証した、リンダ・ホーグランド監督のドキュメンタリー映画「ANPO」(2010年)にも出演されました。 2020年11月池田龍雄は東京にてご逝去されました。   ギャラリー   過去の展覧会 FOR INFORMATION OR INQUIRES, CONTACT: INFO@FERGUSMCCAFFREY.COM.

read more

マシュー・バーニー、キャロリー・シュニーマン、白髪一雄、田中泯

展覧会について ファーガス・マカフリー東京は 10 月 15 日(木)より、マシュー・バーニー、キャロリー・シュニーマン、白髪一雄、田中泯による四人展を開催します。 本展は各世代を代表するアーティスト4名による作品を一緒に展示する初めての機会となります。作品がみな作品制作という行為を強く意識させる本展は時代、東西を超えた「身体性」について考察します。究極の「アクション・ペインティング」と言える、白髪一雄による 1955年のパフォーマンス・アート《泥に挑む》(1955 年)はダンス、パフォーアンス、絵画、彫刻が交差する作品の原点とも言えるものでした。現在は記録として残るのみであるこの作品は、表現のツールとしての身体をアーカイブ化することの重要性、そして時間と空間という非物質的で可変的な要素を捉える必要性を予見するものでした。このパフォーマンスは白髪に続く世代にとって非常に重要なインスピレーションの源となります。白髪一雄、マシュー・バーニー、キャロリー・シュニーマン、田中泯の作品を通し、創造を望む作家たちの衝動から生まれる身体のエネルギーと、それをいかに記録するかという挑戦の軌跡が明らかとなります。 4名のアーティストによる作品を一堂に展示する本展は、すでに確立されていた形、物質、構成についての美術史的解釈に挑む革新的なビジョンを組み立て、ダンス、パフォーマンス、絵画、彫刻を通して現される人間の具現化における共通言語を発掘していきます。バーニー、シュニーマン、白髪、田中はそれぞれの多様なアプローチでパフォーマンスを行い、動的な身体性についての個人的な哲学を体現し、そして身体を手段とすることによって、ピエール=フェリックス・ガタリが 1984 年に田中へ宛てたオマージュで記した「物語という筋書きの向こう側の 器官なき身体。」を達成しています。 キャロリー・シュニーマン|《Up to and Including Her Limits》に関する記述 1975年、私は絵画、映画、ビデオのある種の変位に集中していた。《Up To And Including Her Limits(ロンドンでの初期作品は《Trackings》と呼ばれていた)》は、1973年から1976年まで私を夢中にさせた、スーパーエイトの日記映画 「Kitch’s Last Meal 」の物理的な延長線上にあった。当時の私の疑問:芸術家としての私は、日記映画の日常性の中で、より現実的であったのだろうか。 続きを読む → In 1975 I was concentrating on certain displacements of painting, film and video. Up To And Including Her Limits (earliest version…

read more

Matthew Barney, Carolee Schneemann, Kazuo Shiraga, and Min Tanaka

ABOUT THE EXHIBITION Fergus McCaffrey is pleased to present Matthew Barney, Carolee Schneemann, Kazuo Shiraga, and Min Tanaka at our Tokyo location, on-view October 15, 2020 through April 10, 2021. Exhibiting together for the first time, this selection of visionary artists seeks to prompt cross-generational insights, from East to West,…

read more

Noriyuki Haraguchi

ABOUT THE ARTIST Noriyuki Haraguchi (1946-2020) was born in Yokosuka, Japan, and he graduated from Nihon University, Tokyo, in 1970, as a student in the oil painting department. He began exhibiting his works while in college and amid the rising political turmoil of campus protests and student riots against the…

read more

Barry X Ball

ABOUT THE ARTIST Barry X Ball was born in 1955 in Pasadena, CA and lives and works in New York. His work has been widely exhibited internationally over the last 30 years and is represented in many public and private collections. Ball’s sculptures, although paying reverent homage to their historical…

read more

白髪一雄

作家について 1924年兵庫県尼崎市生。1952年、村上三郎、金山明とともに「ゼロ会」を結成。1955年、伝説的と言える前衛芸術グループ「具体美術協会」の会員となる。数トンの泥と格闘する《泥に挑む》(1955年)や、円錐状に立てた木の丸太を斧で切りつける《赤い丸太》(1955年)など、美術史家の富井令子が「パフォーマンス・ペインティング」と呼ぶ革新的な作品を次々と発表する。他に類を見ない「フット・ペインティング」のスタイルが始まったのはその1年前、1954年だった。 1951年にジャクソン・ポロックの「アクション・ペインティング」を知った白髪は、ロバート・ラウシェンバーク、サイ・トゥオンブリー、イブ・クラインなどポロックと同時代の西洋アーティストと同様、抽象表現主義の枠組みを超えた表現を追い求めた。白髪は天井から吊り下がったロープにつかまりながら、大きなキャンバスや紙の上で、滑り、回転し、渦を描くようにして油彩と足で描くというスタイルを確立し、真に革新的な絵画作品を生み出すことに成功する。 白髪の作品は1958年9月ニューヨーク、マーサ・ジャクソン・ギャラリーでの「具体」展を通し、初めてアメリカのオーディエンスに紹介された。しかし、当初白髪の作品は既存の芸術運動から派生したものに過ぎないとして評価されず、その重要性は見逃されてしまった。それでも長きに渡るキャリアの中で独自のスタイルを貫き通した白髪は、鑑賞者に挑みかけるようなエネルギーと視覚的な力を持った作品を生み出し続けた。 60年にわたるキャリアの中で、日本とヨーロッパにおける白髪の地位は揺るぎないものとなっていった。しかしアメリカでは長年にわたり評価をうけず、その重要性が認知されたのは近年になってからである。 白髪の作品はこれまで、「Destroy the Picture: Painting the Void, 1949–1962」(2012~2013年、ロサンゼル現代美術館)、「TOYO 1955-1970:新しい前衛」(ニューヨーク近代美術館、2012~2013年)、「Gutai: Splendid Playground」(グッゲンハイム美術館、ニューヨーク、2013年)、「Gutai, l’espace et le temps」(スーラージュ美術館、ロデーズ・フランス、2018年)など、数々の展覧会で発表されている。 回顧展及び個展は、レ・ザバトワール近現代美術館(フランス・トゥールーズ、1993年)、兵庫県立美術館(2001年)、横須賀美術館(2009年)、ダラス美術館(2015年)、尼崎市総合文化センター(2018年)、東京オペラシティ アートギャラリー(2020年)などで開催されている。

read more

リチャード・セラ

作家について リチャードセラは1938年にサンフランシスコで生まれる。現在はニューヨーク州ロングアイランド・ノースフォークに住み、制作活動を継続中。作家にとって最初の主要な個展は1969年にニューヨークのレオ・カステリウェアハウスで開催された。翌年の1970年に、彼にとって初の美術館での個展が当時のパサデナ美術館(現:ノートン・サイモン美術館)で開催された。それ以降、セラはドイツ・カッセルでのドクメンタ(1972年、1977年、 1982年、1987年)、1980年、1984年、2001年、および2013年のベネチア・ビエンナーレ、ホイットニー美術館でのアニュアル及びビエンナーレ展に1968年、1970年、1973年、1977年、1979年、1981年、1995年、2006年など国際的な展覧会の数々に参加した。 セラは、オランダ・アムステルダムのアムステルダム市立近代美術館で1977年から1978年にかけて個展を開催した。 その他、1978年のクンストハレ・テュービンゲン、同じく1978年のStaatliche Kunsthalle バーデンバーデン、1980年オランダ・ロッテルダム ボイマンス・ヴァン・ベーニンゲン美術館、1983年〜1984年にかけてのパリ、ジョルジュ・ポンピドゥー国立芸術文化センター 、1985年ドイツ・クレーフェルト、ハウス・ランゲ美術館、1986年のアメリカ・ニューヨーク近代美術館、1986年デンマーク・フムレベックのルイジアナ美術館、1987年ドイツ・ミュンスターのLWL美術館(LWL-Landesmuseum für Kunst und Kulturgeschichte)、1987年ドイツ・ミュンヘンのレンバッハハウス美術館、 1988年オランダ・アイトホーフェンのヴァンアッベ市立美術館、1990年オランダ・マーストリヒトのボンネファンテン美術館、1990年スイス・チューリッヒのチューリッヒ美術館クンストハウス、1990年フランス・ボルドーのCAPC Muséed’Art Contemporain、 1992年スペイン・マドリードのソフィア王妃芸術センター、ドイツ・デュッセルドルフの Kunstsammlung Nordrhein-Westfalen、デュッセルドルフ、1997年ニューヨークのディア芸術センター、1997年から1998年ブラジル・リオデジャネイロのCentro de Arte Hélio Oiticica、1999年から2000年イタリア・ローマのトラヤヌスの市場、2003年アメリカ・セントルイスのピューリッツァー美術財団、そして2004年イタリア・ナポリのナポリ国立考古学博物館などに出展した。 2005年、セラによる1994年から2005年までの一連の8つの大規模な作品である《ザ・マター・オブ・タイム》は、ビルバオ・グッゲンハイム美術館に常設され、2007年にはニューヨーク近代美術館がリチャード・セラ回顧展「Sculpture:Fourty Years」を開催した。サイト・スペシフィックなインスタレーションの代表作である《プロムナード》は、パリ・グラン・パレのモニュメンタ2008にて披露された。2011年、アーティストの大規模なサイト・スペシフィック彫刻《7》は、カタールのドーハにあるイスラム美術館の向かいに常設された。 2011年から2012にかけて、作家のドローイング作品のための主要な回顧展が開催され、ニューヨークメトロポリタン美術館、サンフランシスコ近代美術館、そして主催であったテキサス州ヒューストンのメニル・コレクションを巡回した。 2014年、カタール・ミュージアム・オーソリティは、QMAギャラリーとドーハのアルリワク展示場の2会場にてセラ作品を展示する回顧展を発表した。2014年の《東 – 西 / 西 – 東》は、カタールのゼクリート砂漠にあるブルーク自然保護区に常設された。 2017年に、ヴィースバーデン美術館は、作家の初期頃の作品を取り上げた展覧会「リチャード・セラ:小道具、映画、初期作品」主催した。2017年バーゼル美術館では、作家の映画や映像作品の概要を展示した。そして、セラの最近のドローイング作品は、2017年にロッテルダムのボイマンス・ヴァン・ベーニンゲン美術館での個展で紹介された。 セラは、これまで多くの功績を収め、数々の注目すべき以下の受賞歴を持つ。生涯の功績を賞したイタリア・ベネチアビエンナーレでの金獅子賞(2001年)、ドイツのOrden pour le Mérite für Wissenschaften und Künste(2002年)、2008年スペインでのOrden de las Artes y las Letras de España、フランスのChevalier…

read more